【数学】第0講 この講座について

【数学】第0講 この講座について

2021/02/17(水)

初めまして。今井です。
このページでは以降に公開していく、数学講座についての説明をしていきます。

対象

この講座の対象者は、教科書内容の理解が済んでいて、ある程度の典型問題を理解して解くことができる方です。(ここでいう典型問題とは基礎問題精講、黄または青チャートの例題、Focus Goldの例題のことです。)

講座内容

この講座は入試問題初級から難問まで幅広い問題を取り扱い、問題演習としての役割を持ちます。奇問の類を出題することはなく、良問で構成される予定です。問題ごとのエッセンスをつかんでください。

講座の流れ

一番初めに問題を出します。ここでは空白部分を作ってありますからプリントして解いてみるなり一度考えてみてください。
問題評価はA,B,C,DまででAは入試基本問題(ほとんどの人が解ける)、Bは標準問題(受験生なら解けて当然)、Cは発展問題(差がつく問題),Dは難問(受験本番で解く必要はない問題)という評価です。
次に略解という部分で、その問題に対する予備知識の確認と解法の流れを説明します。初見で解けていない人もこの時点では解けるのかどうか確認してみてください。この解法の流れで理解できていないということは典型問題の解法や知識が頭に入っていないということなので、上述のような参考書に立ち返ってもう一度解法や知識をインプットしましょう。
最後に本解として模範解答を提示します。(ここでおかしい部分があったりした場合はコメントをください。)
以上の流れでこの講座は進みます。

今後の予定

今後youtube媒体で直接的な解説動画もあげようと思っているので良ければそれも参考にしてください。(いつになるかは分かりません。申し訳ないです。)
また、教科書レベル講座や定石習得講座も後に出そうと思っているのでそれについてもしばしお待ちください。(2021年中は厳しいと思われます。)

最後に

筆者は自然な解法で解くことをモットーに解説していくので、典型問題の解法などの定石と言われる部分は必須事項になります。
数学に暗記は必要かという議論が頻繁に起きますが。そんなものは人によりますし、数学ができる人は無意識のうちに問題の記憶をしているだけなので典型問題をほぼ考えずに解けるくらいまでの知識は必要不可欠だと思います。現在巷には数学の勉強法がたくさん溢れていますが、人それぞれ最適な勉強法は異なりますし、本当に効率の悪い勉強法をしている人というのはごくわずかです。そんななか多少しか変わらない勉強法を模索するよりは勉強時間に一瞬一秒でもかけた方がいいのではないでしょうか?

今日の標語
何かをなすものとは歩き続ける愚者である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。